07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Enhancing my QOL

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

ロボットニュース 

昨日,人をのせて歩く2足歩行ロボットがネットのニュースに載った.

二足ロボットで階段昇降 早大開発、人を乗せ移動

人を乗せて階段昇り降り 2足歩行ロボ、実用化にまた一歩

wl.jpg

早稲田大学高西研究室テムザックという会社が共同で開発したロボット,WL-16RIIである.
(前の記事でかいた援竜もテムザックである.)


かなりまえから学会などで発表され,今回人を乗せて階段を上れるようになったという.人を乗せて歩くといえば,トヨタのi-footが有名(優秀という意味ではなく)であるが,大きな違いは足に使われているアクチュエータ.トヨタは回転式の電磁モータを使っているのに対し,WL-16IIは直動式(のびたり縮んだりしてうごく)の駆動式ものをつかっている.この構造により,自重をある程度補償できるようなシステムを使用できる.ようは,つっかえ棒のほうなものを,配置できるのである.今はお互い研究段階であるが,将来はi-footよりも重たいものを運べるようになるだろう...この自重補償のシステムは,去年の学会で発表されていたけれど,同じく足に車輪をつけて,ローラスケートのようにつかえるといった研究発表もあった気が.....

まだ,実用段階ではないけれど,大学の研究室らしい,アカデミックな技術で,おれが好きな研究のひとつである.

と思っていたら......

ホームページによると,
エンターテイメントビークルとして売り出す.ロボットポロとか..普及させてから障害者を支援するものを売り出したい

とある.本気なのだろうか??価格が2,3万円くらいなら普及するかもしれない.ロボットポロなんて....いつも思うけど,おれは普及=コストパフォーマンスの問題であると思っている.いくらいいものでも,高ければ売れないし意味がない.まして,このロボットに人はいくらだすだろうか? つかっている機械要素が革命的に進歩し,安くでいるようになれば可能かもしれない.


どこの企業も話題性で作って,広告.名目は「将来のため」.もう,その流れやめませんか?ほんと,あきました..

いや,,いつも批判的になってしまうけど,この技術はほんとすばらしいとは思っていますよ...早稲田のSさん,知り合いだし(学会のあと,飲みに誘って断られたけど..)


と,思うのでした..
スポンサーサイト

[edit]

robot  /  trackback 0   /  comment 4

page top△

« えっ,メイドロボ?
大学の講義 »

 

(Sさんって俺か)

ポロとかエンタテイメントビークルとかは俺のせいじゃないです.許してください.

(最終的に歩行型車椅子として実用化したいのはホントですよ.これは自分もイイダシッペの一人だし)

実用化しないと学位取れない?なんてことは無いよなー

飲みの話,ホントすいません.渡米の前に一回のみ行きますか?

URL | WL #-

2005/06/22 15:22 * 編集 *

☆WL☆
Sさんこんにちは!!
早稲田に行きたいです!!!
いっていいですか?

URL | robo #KFT6j.U6

2005/06/22 15:32 * 編集 *

いいっすよー

ぜひきてください!
日程はまた直メールで!


(WLがNEDOのProposal落ちたとかばらさないように!)

URL | WL #-

2005/06/22 16:36 * 編集 *

やったーー!!絶対に渡米前に行きます.

そうそう.その人おれじゃないんすよ...たまたま,roboだけど.そんなの知らなかったし.

URL | robo #KFT6j.U6

2005/06/23 00:18 * 編集 *

page top△

 

Secret

 

page top△

 

トラックバックURL
→http://robo.blog5.fc2.com/tb.php/31-ee53b30b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。