07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Enhancing my QOL

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

IDEAS competition、清き一票を 

現在新しく作っている途上国向けの義足とその普及方法に関するアイデアを、MITのIDEAS Competitionに出しました。

test.png

IDEAS Competitionとは100Kと並ぶ、大規模なビジネスプランコンテストの1つ。ただし、このIDEAS Competitionは途上国向けの適正技術とそのビジネスプランに特化したものです。
このブログでも宣伝させてもらっています。

このプロジェクトでは、以前から開発しているExo-Kneeとよばれる膝義足の技術とその普及方法に新しいイノベーションが含まれています。詳しくはこのページのIdea Pitchを読んでみてください。
ほかにもおもしろいプロジェクトはたくさんあります。もしExo-Kneeを気に入っていただいたら、投票をお願い致します。

投票にはここで登録が必要です。MIT Friendとしてだれでも投票できます。

獲得賞金は夏に予定されている大規模な実地試験と今後の普及活動に使う予定ですどうかよろしくお願い致します。

[edit]

others  /  trackback 0   /  comment 0

page top△

「大学」x「技術」x「BOP」のムービー 

3/20に行われた「大学」x「技術」x「BOP」日本発、世界を変えるイノベーションの様子が、youtubeに徐々にアップロードされています。その中で自分の発表をみてみると、相当テンパっていますね。ちょっとがっかり。

おそらく全部アップされたらここに記事がアップされるかと思いますが、とりあえず自分の分をはずかしいですがここで紹介しておきます。

発表1

発表2

発表3


パネル



自分が英語をしゃべっているのをはじめてみたかも。

近々、「遠藤さんロボットはもうやめたのですか?」と聞かれます。そんなこともなければ、ロボット大好きです。この発表の前日にも未来館にいってアシモをみてきました。そういう方向性も認めつつ、本当に役立つものがなんなのかというのを考え、BOPに目を向けたことが、エンジニアとしての原点回帰になりました。勉強は続けていますが、相変わらずビジネスは苦手です。起業はしないと思いますが、BOP関連のイベントにはたくさん参加しております。

このように興味が広がり、いろいろと手を出し始めると忙しくなり、仕事がまわらなくなったときに必ず「本職に戻れ」という言葉を思い出します。しばらくは、博士論文に集中しようかと。

[edit]

others  /  trackback 0   /  comment 1

page top△

帰国の振り返り 

忘れないうちに帰国したときに参加したイベントの振り返り。

3/18 Alliance for Global Sustainability, にて講演、パネル
非常に大規模な学術的イベント。非常におもしろい出会いがたくさんあった。東大のi.schoolは人間の学びの課程とその後起こるイノベーションを形式化することに重きを置くのに対し,MITのD-labは生まれてくるプロダクトがいかに社会に貢献するかということを重視している。この2つのアクティビティは非常に相性が良く、今後のコラボレーションが楽しみ。パネルから参加された槍目先生はこのような活動が、学術的に評価されにくいことに問題意識をもっており、これはわれわれが前から感じていたことでもあり、今後いかにしてパブリシティを増やしていくかというところで協業できそう。さらにその日の夜のバンケットで原丈人さんと話をする機会を得た。「やりたいこと(考古学)をやっていたらこうなった」といいながら、ものすごい質と数のベンチャー企業の記事をみせてくださった。どうやったらこうなるんだろう。すごい。。

3/19 ETIC 「途上国の問題を日本の最先端技術で救うにて」にて講演
中小企業からの参加を期待していたけれどもふたを開けてみたら、大部分が学生や個人の参加。それでもディスカッションはかなりの盛り上がりをみせた。始めにKopernik中村さん、MITD-labよりJoseから自分たちがもっている技術を紹介し、続いていかにその技術を改善するかというディスカッションをグループ別に行う。そこで、慶應ビジネススクールの岡田先生とBOP向けのビジネスモデルについて話が盛り上がる。現在、ものを直接ローカルの人たちに売ることは難しく、Kopernikのような寄付、Kivaのようなローン、あるいはグラミンのようなマイクロファイナンスを絡めたモデルが常套手段になっている。これを打破する新しいモデルとはなんだろうか? また同じグループに、黒川先生より以前からメールで紹介されていた三好くんと遭遇。BADO企画の世界一周に参加するらしい。なんでも個人向けの奨学金を考えているらしい。BOPでのマクロからマイクロへ目が向くトレンドにまた新しいモデルを提案している。ボストンでの再会が楽しみ。

3/20 「大学」x「技術」x「BOP」日本発、世界を変えるイノベーション 講演とパネル
以前1月に黒川先生に声をかけていただいてから、仲間といっしょに企画してきたイベント。登録者数250人を超える大きなイベントになった。自分の講演のあと、戦友金平さんがわざわざステージまできてくれてきつく包容。「義足のプロジェクト、進んでいてうれしいです」とお褒めの言葉をいただく。あまりに多くの参加者がいたために、自分を含めた講演者には常に人だかりができていて、講演者同士の交流があまりできなかった。九州大学のアシル先生ガイアイニシアティブ藤田さん、日本ポリグル小田さんなどただただお話がしたいだけだけれども、残念ながら一言も話すことはできませんでした。しかし、空想生活の西山さんとはイベント後にメールでつながり、明日NYでミーティングを予定。そこにKopernikの中村さんも加わり、おもしろそうなことが起こりそうな予感。片道4時間のバスも苦にならないです。書き忘れてはいけないのが、親友和博がきてくれたこと。スライドの彼に関するスライドも織り交ぜ、紹介することもできた。こういったことは単純にうれしい。
いろいろな方々がブログなどにまとめてくださっている。
1 2 3 4


3/21 バスケ部後輩の結婚式
たまたま日本にいることを聞きつけた高校時代の後輩からメールをもらい、ドタサン。おそらく無理をいってもらって披露宴からの参加。東京か沼津かと思っていたらまさかの浜松。ひさびさにバスケ仲間に会えたし、参加できてよかった。本当におめでとう。

3/23 グローバルアジェンダゼミナールのゼミ生へ講演
帰国数週間前に、グローバルアジェンダゼミナールのゼミ生の一人からメールをいただいた。彼は昔所属していた研究室、北野共生システムプロジェクトの研究者だったが、現在はコンサルに勤めていた。なんでも黒川先生から僕の名前を聞きつけ、たまたま知り合いだったということもあり、今回の場を用意してくれた。場所がアカデミーヒルズ。六本木ヒルズの49階。眺めもよく、窓から東京タワーも見えた。このころになって、一連のイベントに参加する方々はきまっているということに気づく。NHKのキャスターの方にも会えた。

3/25 国連フォーラム「私の提言」 パネル
今回の帰国最後のイベント。Kopernik中村さんに紹介されてOKしたものの他のパネルがすごい方々だったので、非常に恐縮してしまった。しかしモデレータUNDPの西郡さんがうまくリードしてくださり、非常にいい雰囲気で、かつ非常に盛り上がりをみせ、2時間30分の時間が足りないと感じるくらいだった。すべてのパネリストの話がすばらしかったのだけれど、その中でもたまたま数分話をする機会があったHASUNAの白木さんの話に非常に感銘をうけてしまった。途上国では宝石や金属を採掘するのに、現地の人々がひどい扱いをうけているらしい。フェアトレードで扱われたものだけをあつかったジュエリーを扱っているのが、HASUNAである。結婚される方がいたら、ここで結婚指輪をオーダーしてみてはいかがでしょうか?
ここでのtweetがここでまとめられている。


ここに書いたことは、今回の帰国のほんの一部。総括すると、非常に面白い出会いがあったのは事実だが、毎回同じメンバーが違ったイベントに参加しているようだった。昨今日本でBOPという言葉がメディアで取り上げらるようになり、盛り上がりをみせているがまだまだ個人レベルで企業や大学、国といった組織を動かす大きなムーブメントにするためにはもうひとふたステップの工夫と行動が必要かと思った。この盛り上がりが空虚のまま終わらないうちに、アメリカからも横やりをいれつづけたいと思う。

[edit]

others  /  trackback 0   /  comment 1

page top△

日本滞在速記 

16日から26日まで日本に滞在している。今回の滞在は主に、というかすべてD-lab関連の発表とミーティングがぎっしりつまった出張だ。到着と出発の日をのぞけば9日間しかないにも関わらず、5つのイベントで発表することになった。この分野の盛り上がりを感じるとともに、日頃活動している方々の熱意も伝わってくる。それと同時にいろいろは方々と話をしていると、どうしても自分のやっていることがまだまだ未熟に感じるようになり、精進せねばと改めて思うようになった。

今日以下のようなパネルディスカッションに参加する。日本滞在の最後の仕事だ。
「私の提言」パネルディスカッション

このイベント、参加募集を初めて2日間で80名の定員が満席になってしまったのだ。もともとはKopernikの中村さんからメールを頂き、あまり考えずにOKしたところ、他のパネリストの略歴があまりにもすばらかったので、どうなるものか今から非常に不安。

今回の滞在で本当に感じているだが、BOP向けに活動をしている人たちは所属している会社や大学の中で形見の狭い思いをしているということ。おそらく、アカデミアでもインダストリーでも評価されない、あるいは評価されにくいからだ。その逆風の中でも強い信念をもって立ち向かっているみなさんの姿勢に共感せざるを得ない。

ちゃんとした滞在記は帰国後こっちに書く予定。

[edit]

others  /  trackback 0   /  comment 0

page top△

New Media lab Complex Open 

去年の12月、ほとんどの研究室が古いメディアラボの建物から新しい建物に引っ越した。
そして昨日と今日、そのオープニングセレモニーとして、昨日が関係者向けのイベント、そして今日が一般向けのイベントがあった。

New home for innovation, design, and the arts
Media Lab Complex formally opens this week


cnetより
201016__24928_b_610x457.jpg



関係者向けのイベントでは、自分を含む学生はオープンハウスで自分の研究をお客さんにデモを行った。引っ越してからの初めてのデモだった上に、初めて3つのグループが同じスペースでデモを行うということだったので、準備に非常に時間がかかった。昔のメディアラボを見たことがある方は知ってるでしょうが、昔Cubeという広いオープンスペースを複数の異なる研究グループがシェアすることによって、グループ間のインタラクションが生まれた経緯がある。このアイデアを用いて、新しい建物ではcubeのようなオープンスペースが複数個あり、そこに3,4つの研究プロジェクトが共存するシステムを採用している。さらに、外から窓越しにオープンスペースの中をみれるので、建物自体が大きなショーケースになっている。さらにさらに、いままでにない太陽の光がどのスペースにも行き届くので、いままで地下にいた我々のグループにとっては、まぶしいくらい明るい空間になっている。

デモのあとは6階のカンファレンスルームでMITのpresidentのSusan Hockfield氏、建物を設計した槇総合計画事務所槇文彦さん、そしてメディアラボのFaculty数名によるトークが行われた。

その後、幸運にも槇さんと副所長の亀本ゲイリーさんとお話をする機会を得た。私は、沼津市にある加藤学園暁秀初等学校が母校なのだが、この建物は実は槇総合計画事務所が設計した建物であった。この話をしたときにゲイリーさんに「この建物と似ているでしょ?」と聞かれ、確かにそう感じていた。その小学校も「カベのない学校」というキャッチフレーズのとおり、大きなオープンスペースに2つの学年が共存して、部屋の別々の場所で違う授業が行われているのである。その結果、クラスや学年、先生の間にかべを感じることはなかった。子供のころはそれが普通だと思っていて、中学に入学してから、"普通"の教室にびっくりしたものである。小学校のときの感覚は、この新しい建物にも共通するもので、プロジェクト間のかべはまったく感じなくなった。これまで、我々が地下にいて孤立していたからもしれないが。。。そしてちゃっかりツーショット写真もとっていただいた。

-2.jpg


次の日、朝から一般向けのイベントが催された。槇さん、ゲイリーさんをはじめ、建設に携わった方々のトークとパネルが行われた。その中で、いろいろな建設のエピソードを聞くことができた。

まずは、旧メディアラボよりも狭い敷地内により多くのコンテンツを詰め込むのに、日本人がいいだろうということで槇さんに白羽の矢があたり、メディアラボの教授William Mitchell氏が日本へいってお願いをした。

フランク・ゲーリー氏Stata Centerとの比較が良く話しに出てきた。Stata centerは外部の人が一階を歩き回ることができることに対し、新しいメディアラボは6階まで階段であがることができ、さらに研究スペースをガラス越しにのぞくことが出来る。Stata Centerは外部も内部もplayfulなのに対し、新しいメディアラボは外側はseriousに、そして中はplayfulに仕上げた。これはとなりのI.M. Peiが設計した旧メディアラボと並んでもおかしくないような外観にするためである。そして、新メディアラボの窓の外側に並んだすだれのようなものは、槇設計事務所であるヒルサイドウエストと同じもので、窓からは適度に太陽光を遮断し、居心地の良い空間を作っている。

新しいメディアラボの写真はこちらこちら

この二日間、槇さんのトークを2回聞く機会があり、槇さんは同じことを二回繰り返した。

「この建物を完成できたことを例えていうなら、今81歳である自分がまた現役選手としてオリンピックに出場し、自己最高のスコアをたたき出すことができたということがいえる。」

歳からは考えられないくらいアクティブで、話しかけると非常に気さくな槇さんでした。

[edit]

others  /  trackback 0   /  comment 2

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。